ホーム
 

廃棄物処理事業

木質製廃棄物及び伐採木等の破砕処理

木質製廃棄物は細かく破砕し、再資源施設に搬入致します。(サーマルリサイクル)
伐採した草木は破砕処理後、堆肥原料として堆肥生産施設に搬入致します。
破砕機による破砕の様子
 
破砕機に草木を投入する様子

焼却処理

リサイクルの出来ない木くず、紙くず、繊維くず、ゴムくずの焼却が可能で、高温で焼却を行うのでダイオキシンの発生がなく環境に配慮した処理を行います。
また、個人情報などに関する文書の処理や、会社・企業の秘書類、病院のカルテ等の焼却処理も行っております。
 
焼却へ投入の様子
 
   

ベッドマットの処理

処理困難物のベッドマットを短時間で剥離解体し、内部の金属はリサイクル、布地部分は適正に処理致します。

廃蛍光管処理

 廃蛍光管の破砕時に水銀蒸気を素早く除去、ドラム缶詰めにして、最終処分場にて脱水銀処理を行い、ガラスと金属はリサイクルされ、水銀はセメント固化し管理型最終処分に埋め立てします。
ベッドマット処理の様子